変化にチャレンジ

変化を常態と捉え、挑戦しよう!

日本の約9割の人ができれば変化したくないと思っているという。
 しかるに今、社会は大きく変化しようとしている。
 これまでの価値観が崩壊しようとしている。
 明治維新に匹敵するような激動の時代とも言われている。
 まさに、創造と破壊の時代を迎えている。
 このような状況の中で、「私達は何を頼りに生きていけば良いのか」と問う人も多いでしょう。
 私達はあまりにも廻りの価値観に縛られ過ぎてはいないだろうか。
 そして、自らの中に価値基準を持っている人はあまりにも少ないように思える。
 世の中は常に変化している、それも激しく。

 

 諸行は無常である。
  変転することが常態である。
  逆に、変転しなければ成長も発展もない。
   水の淀みをみれば分かる。
   水は、流れているうちは清く美しいが
   流れが止まると淀み始め、水も腐る。
 知的レベルを上げないと変転する社会についていけなくなる。
 これは個人にも組織にも当てはまる。
  従って、常に学ぶ姿勢が大事である。
   何を学ぶか。
   立場によって違う。
  また、常に問い続ける。
   「このままで良いのか」、「どうしたら良いのか」と。
  いかにして学ぶか。
   成功や失敗を経験から学ぶ。
   他者から学ぶ。

   歴史から学ぶ。

 

 変化を望まない人は、リスクを取りたくない人であり安定を求める。
  如何に、リスクを避け、安定を望む人の多いことか。
  安定とは、発展の中にあっては衰退を意味する。
  現状維持では、発展の中にあっては落ちこぼれる。
 イノベーションできない人は使えなくなる。
 企業においても、進化する企業以外は生残れない。

 

  変化を常態と捉えよ。
   そして、学び、挑戦する。
   さすれば、自らを成長・発展に導いてくれるだろう。