予算(目標)とは?

予算(目標)とは?

9月に中間決算を迎える会社は多いと思います。下期がスタートのあたり、会社・事業の予算について述べてみたい。

 

まず、予算(目標)とは、中期事業計画に従い「その年度における会社の“あるべき姿”を達成するためのものであり、究極的には企業が生き残るためのものである」といえます。

 

一般的に、その目標は過去の実績や市場環境から見たら達成困難な場合が非常に多い。それを「不可能だ」と言ってしまったら、極端にいえば、会社は潰れてしまう。無理だろうと無茶だろうと、やらなければならない。これが目標の本質であろう。

 

従って、この予算(目標)は、下からの単なる積み上げ数字ではなく、(権威あるものとするためにも)経営トップや各本部、事業部のトップが「こうでなくてはならない(あるべき姿)」という念いを数値目標として策定すべきであろう。売上高、必要な利益、開発/設備投資、採用人員などなど、トップ自らが策定し、それを順次下に降ろしていくのが正しいやり方ではないだろうか。

 

次に、年初に策定した予算に対して、現実には目標どおりいくことは稀にしかない。しばらくすると目標と実績が違ってくる。近年のように環境変化が激しく情勢も変わってくる。そこで、“これでは役に立たない”といって、実績に合わせて、3~6力月に一回目標を変更してしまう。目標数字を設定しても、“その通りいかないのでは意味がない”ということだろう。しかし、これでは目標でなくて単なる数字合わせである。

 

目標と実績との差は、市場(客観)情勢の会社や各事業に及ぼす影響を量的に知らせてくれるものである。別の言い方をすれば、客観情勢をどれほど見損なっていたかの度合いを表している。この見込み違いが分ってこそ、正しい舵取りができる。

 

従って、目標と実績との差をどう読むかが大切となります。そして、目標とのギャップに対してどのように対処すべきかに精力を集中すべきです。実績が目標を上回っている場合、目標を下回っている場合、製品間でのバラツキもある。それぞれ、対応方法が違ってくるのは当然だろう。

 

このように、予算(目標)は「その通りいかないから役に立たない」と考えるのではなくなく、その「その通りいかないからこそ役に立つ」と考えた方が良い。

 

予算(目標)は、年初に立てた「会社のあるべき姿」を実現するため、また「会社がつぶれない」ための数値であり安易に変えてはならないと思う。

 

年初にそれだけ権威のある予算(目標)を策定すべきであり、その目標を軽視してはならないと思います。