世紀の大富豪で石油王 ジョン・D・ロックフェラー

世紀の大富豪で石油王 ジョン・D・ロックフェラー

ジョン・デイヴィソン・ロックフェラー・シニア(John Davison Rockefeller, Sr、1839年7月8日-1937年5月23日)は、アメリカの実業家、慈善家。スタンダード・オイルを創業し、同社は石油市場を独占し、アメリカ初のトラストを結成した。1870年にスタンダード・オイルを創業したロックフェラーは、積極的な経営を行い、1897年には事実上引退した。

 

アメリカの繁栄の源流は、二人。一人はジョン・ロックフェラーで、「スタンダード・オイル」の創業者。もう一人は、「鉄鋼王」といわれたアンドリュー・カーネギー。

 

二十世紀のアメリカの巨大な繁栄を築き、アメリカを世界一の国にしていったもとにいるのは、この二人ではないでしょうか。
それ以外にも、偉い実業家はたくさんいますが、経済的繁栄の「元祖」にあたるのは、この二人ではないかと思います。

 

経済的繁栄は、国を強くする基盤の一つでもあります。

 

ロックフェラーは、アメリカで、石油ラッシュでにぎわっていた時代(1860年代)に、ロックフェラーは石油業界に参入。ただ、石油発掘で一旦大金持ちになったとしても、二発、三発と油田を当てることは簡単ではなかったと思われます。そこでロックフェラーは、石油の発掘ではなく、石油の精製と輸送に着目して事業を拡大していった。ここが、事業成功のポイントであろうと思われる。

 

まず、ロックフェラーは、大を成すためには「アイデアを形に表して、それを独自に成長させていくことが大事」だといっています。

 

そして、ロックフェラーは、事業拡大に際して、多くの同業社を買収して事業を拡大していった。当時、市場のほぼ9割を押さえるに至っていた。そのため、多くの批判を浴びることになった。(1911年、米国最高裁より分社命令判決)

 

ロックフェラーの基本的考え方は、次のようなものであった。
資本主義の“基本中の基本”だが、事業で大きな成功を収めるためには「富の集中」「富の集積」が絶対に必要である。

 

一般的に、富を集中させる過程で、批判がいっぱい起きてくる。嫉妬に近い批判が。「金を集めたこと自体が悪い」というような批判が出てきます。

 

しかし、現実には、この批判を乗り越え、「富の集中」が行われなければ、大きな事業はできません。日本でいうところの、トヨタもそうだろう。その集中した富を投下することによって、中小企業にはできない、大きな事業ができるようになってきます。

 

ロックフェラーは、途中で『社会的還元』ということを、人々の目に見えるかたちでやらないかぎり、もし、心のなかで思っていることが善なるものであったとしても、なかなか許してはもらえない。目に見えるかたちにしなければならないと感じて、富を社会に還元することを思いついた。

 

そういう批判が出ることは、成功していることの証明の一つであろう。しかし、富の蓄積過程で「その批判を、どのようにかいくぐり、成功を続けていくか」ということは、非常に大事である。

 

自分たちが「富の集積」に成功し、「事業の拡大」に成功していると同時に、それに釣り合うだけの社会貢献をしなくてはならない。これは、富豪の使命の一つでもあろう。

 

その後、シカゴ大学の創立やロックフェラー医学研究所、ロックフェラー大学創立に莫大な金額の寄進を行った。
そして、ロックフェラー74歳で、ロックフェラー財団の創立に踏み切った。

 

ただ、事業家に対しては厳しい目をもっていた。
例えば、成功や競争に勝っていくことの陰にある「努力」や「智慧」の大切さを強調したうえで、赤字をつくってばかりいるような人、潰れるべくして潰れた企業などに対して、「智慧が足りない」と言い切っています。

 

ロックフェラーは、母の言いつけを守り、生涯十分の一献金を続けたと言われています。そして、教会では常に一番前の席に座る、敬虔なクリスチャンであった。

 

ロックフェラーは、一代で世紀の大富豪となり、財団を創り、社会に対して多大な貢献をし、1937年、97歳で帰天した。


母の教え 十カ条

 1..実の親以上に、神様に仕えなさい。

 

 2..神様の次に、牧師に仕えなさい。

 

 3.右のポケットには、常に十分の一献金を用意していなさい。

 

 4.誰であっても、敵はつくらない。

 

 5.礼拝をささげる時には、いつも一番前の席に座りなさい。

 

 6.朝は、いつもその日の目標を立て、神様の御前で祈りを奉げなさい。

 

 7.寝る前には、必ず一日を悔い改める祈りを奉げなさい。

 

 8.他人を助ける力がある時は、精一杯助けなさい。

 

 9.日曜日の礼拝は必ず、所属している教会で奉げなさい。

 

10.朝、目覚めた時に、まず神様の御言葉を読みなさい。