経営の神様 松下幸之助(上)

経営の神様 松下幸之助(上)


今回は、皆さんご存じの松下電器産業を創設し、大企業にまで成長に導いた「経営の神様」松下幸之助を取り上げてみたい。主な参考書籍は、ジョン・P・コッター著作の「幸之助論」である。

 

幸之助は、リーダーの条件や経営の心得、経営理念や経営哲学について明確な持論をもつ経営者であった。それも経験を通し、内省と対話を繰り返してその持論を構築していった。

 

代表的なものとして「水道哲学」「ダム経営(無借金経営)」「雨が降ったら傘をさせ」などである。

 

 

松下幸之助の人生は、多くの偉人と同じように過酷な少年期から始まる。

 

幸之助は、1894年11月27日、和歌山県海草郡和佐村に、8人兄弟・姉妹の末っ子として生まれる。松下家は、小地主で多少は裕福であったが、父政楠(まさくす)が米の先物取引に手を出して破産。

 

9歳にして火鉢店、自転車店に丁稚奉公。
実は、この丁稚奉公から商売人としての人生が始まり、商売のコツを掴んでいったといってもよい。

 

幸之助は、学歴もなく、お金もなく、体も弱かった。そうした幸之助は、15歳まで自転車店で働いたが、そこを辞め大阪電燈幸町営業所に内線係として職を得た。

 

幸之助が20の時、井植むめのと結婚。

 

幸之助は、能力を発揮し、大阪電燈で昇進を重ねていたが、1917年そこを辞め自ら会社を起す。
100円の貯金と妻むめの、井植歳男(むめのの弟)、他2名での船出であった。
しかし、起業した年の10月末、製品は売れず5人で始めた小さな事業は3人になってしまった。

 

その年の年末に扇風機の碍盤の特注品を受注!! これを契機として息を吹き返した。

 

このときはまだ、幸之助が後世言われるような才能は見だせなかった。ただ、働く熱意は人並み外れていた。そして、勤勉と競争心、夢を実現するという強固な意志を持っていた。

 

27歳で、2人の姉も亡くなり、両親、兄弟姉妹全員が亡くなった。
幸之助は、迅速さと低コストこそが有力な競争手段との思いから、工場の設立、求人活動など積極的な経営戦略を展開していった。

 

事業も拡大し、新たな施設が必要となり、1928年11月に工場建設に着手し、1929年に5月に完成した。
時期悪く、1929年10月29日、アメリカの証券市場が暴落。
松下電器への影響も甚大で、製品在庫の山が積みあがっていた。

 

体調を崩し、静養中の幸之助に、井植歳男らが経営危機と大規模な人員削減を相談に来た。この時、幸之助は「生産を半分にせよ。しかし、1人も解雇せず、給料もそのままとするが、全員が休日返上で在庫品を売ってもらおうではないか。」と命じた。
すると、翌年2月に、在庫は適正水準となり、従業員は正規の持ち場に戻ることができた。

 

ラジオ事業に進出した際のエピソード

あるラジオ生産工場を買収し、第一号ラジオを販売したのは1930年8月。しかし、欠陥商品の山となった。幸之助は、工場長や技術者に欠陥のない製品づくりを命じた。しかし、工場長からの回答は、“欠陥ゼロのラジオは製造できない”というものだった。

 

工場長と技術スタッフは退陣し、新たに松下電器の研究部に開発を命じた。
「素人が非常に性能のよいラジオ・セットを組み立てているそうだ。そういう愛好家に比べれば、諸君には思いのまま使える施設と機器がある。市場にはすでに優れた製品も出回っている。それらをよく調べて、できるだけ短期間にそれを超える製品を作り出すべく頑張ってもらいたい。成功するか失敗するかはひとえに諸君の自信と決意にかかっていると確信している。こういうことを要求するのは、諸君は持てる力を出し切っていないからである。

 

幸之助の信念、確信が伝染し、研究者魂に火をつけた。結果、東京放送局(NHK)が主催した最高のラジオを選ぶコンクールで松下電器の試作ラジオが他のラジオメーカーを差し置いて一等賞を受賞した。

 

幸之助は、柔軟性と迅速さを尊重し、長い準備期間や膨大な開発予算を敬遠し、製品と事業のすべてが採算に見合うことを要求した。

 

これにより、常に製品の改良を図り、生産性を高め、他社モデルより安くて品質の良い価値ある製品を作り出すことを心掛けるDNAが醸成されてきたのではないだろうか。自ら製品開拓はせず、市場性ありと見たら勝負をかける。後に「マネシタ」と揶揄されるが、松下電器の真骨頂であると思う。

 

続く