話題コーナー

話題コーナー

当サイトを訪問して頂き、誠にありがとうございます。

当サイトの内容をブラッシュアップし、

下記サイトに移行することになりました。

宜しければ、下記サイトを訪問して頂ければ幸いです。

 

ちょっと一休み「話題コーナー」

http://www.top-consultant.jp/topics/

 

 

話題コーナーでは、
ニュース、時事問題などの様々な話題を気まぐれに紹介していきます。

 

話題コーナー記事一覧

世紀の大富豪 ランキング

世紀の大富豪と言えば誰の顔を思い浮かべますか?皆さんご存じの大富豪、それは、ジョン・ロックフェラー、アンドリュー・カーネギー、そしてヘンリー・フォードです。三大富豪と呼ばれ、皆さんが慈善のための財団を創設されています。それでは、世紀の大富豪ランキングを紹介します。順位氏  名総資産(億ドル)備  考...

≫続きを読む

世紀の大富豪で石油王 ジョン・D・ロックフェラー

ジョン・デイヴィソン・ロックフェラー・シニア(John Davison Rockefeller, Sr、1839年7月8日-1937年5月23日)は、アメリカの実業家、慈善家。スタンダード・オイルを創業し、同社は石油市場を独占し、アメリカ初のトラストを結成した。1870年にスタンダード・オイルを創業...

≫続きを読む

世紀の大富豪で鉄鋼王 アンドリュー・カーネギー

アンドリュー・カーネギー(Andrew Carnegie,1835年11月25日 -1919年8月11日)は、スコットランド生まれのアメリカの実業家。紡績工場や電報の配達、電信技士など、色々な経験をしながら、最終的にカーネギー鉄鋼会社を創業し、成功を収めて「鉄鋼王」と称された。立志伝中の人物であり、...

≫続きを読む

世紀の大富豪で自動車の育ての親 ヘンリー・フォード

ヘンリー・フォード(Henry Ford 、1863年7月30日- 1947年4月7日)は、アメリカ出身の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者である。カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はヘンリー・フォードとなる。遺産のほとんどをフォード財団に遺し、慈善事業に貢献した...

≫続きを読む

世紀の英雄 韓信大将軍

私の尊敬する人物の一人に韓信大将軍がいる。漢帝国建国の英雄・韓信は、秦の末期に淮陰(わいいん)という現在の江蘇省に生まれた、漢の三傑の一人である。韓信は、秦の始皇帝の没後、最初は項羽に、次いで劉邦に仕えた。最初はその将器がなかなか認められなかったが、漢軍の兵站の責任者である蕭何(しょうか)に何度も推...

≫続きを読む

「成功哲学」を体系化した男 ナポレオン・ヒル

「成功哲学」を体系化した男 ナポレオン・ヒルナポレオン・ヒルは、ご存じの通り鉄鋼王アンドリュー・カーネギーに出会い、カーネーギーから乞われて、20年かけて500名を超える成功者へのインタビューを通じて「成功哲学」を体系化したことで有名です。ナポレオン・ヒルは、1883年10月26日バージニア州ワイズ...

≫続きを読む

経営の神様 松下幸之助(上)

今回は、皆さんご存じの松下電器産業を創設し、大企業にまで成長に導いた「経営の神様」松下幸之助を取り上げてみたい。主な参考書籍は、ジョン・P・コッター著作の「幸之助論」である。幸之助は、リーダーの条件や経営の心得、経営理念や経営哲学について明確な持論をもつ経営者であった。それも経験を通し、内省と対話を...

≫続きを読む

経営の神様 松下幸之助(中)

前回に続いて、松下幸之助について紹介します。会社の社会的使命に気付く1932年に幸之助は、知人に誘われ天理教本部を見学する。信者らの献身的で無報酬での仕事ぶりや熱気を感じ、啓発され、後に「真使命宣言」を行っている。「真使命宣言」では、「産業人の使命は貧困の克服にある。社会全体を貧しさから救って、富を...

≫続きを読む

経営の神様 松下幸之助(下)

前回に続いて、松下幸之助について紹介します。社長交代1961年に娘婿の松下正治に社長に任命し、自らは会長に就任した。会長就任後、幸之助が公職追放された年(1946年)に発足したPHP研究所の活動に力を入れる。京都東山山麓の「真真庵」を活動拠点とし、幸之助は、経営、国家などの議論を交わしながら思想的、...

≫続きを読む