読書コーナー

読書コーナー

読書コーナーでは、
経営者にとって視野を広め、能力を高めるためには読書は欠かせません。そこでビジネス、人生哲学、リーダー論などの書籍を中心に私が読んだ感想や役立ちそうなヒントなどを紹介していきます。

読書コーナー記事一覧

自己研鑽 自ら学び、自ら変わる 読書の薦め

時代は常に進歩している。変化の激しい時代である。いかなる環境がこようとも、とにかく企業は新たな価値を創造し続けなければならない。そして、生き残らなければならない。これまでの経験や知識だけでやっていると、時代についていけなくなり、いつかは破綻する。持っている経験や知識はすぐに古くなり使えなくなる。従っ...

≫続きを読む

アンドリュー・カーネギー 『富の福音』

この富の福音は、アンドリュー・カーネギーが、実業家として成功(鉄鋼王)し、「第一線を退こう」と決意したころ(65歳頃)に、「事業の成功について、自分なりの考えをまとめ、富の創出の方法を、あとに続く人たちに教えたい」と考え、出版(1901年)した書籍です。富の福音(田中孝顕監訳)は、富の築き方から富の...

≫続きを読む

ジェームズ・アレン 『「原因」と「結果」の法則』

「原因」と「結果」の法則は、イギリスの作家、ジェームズ・アレンの自己啓発の書籍である。ナポレオン・ヒルやデール・カーネギー、アール・ナイチンゲール、ノーマン・ヴィンセント・ピールなどに大きな影響を与えたとされる。わずか90頁の書籍ですが、感動の書です!!この、「原因」と「結果」の法則は、「心の法則」...

≫続きを読む

こんな幹部は辞表を書け

日本能率協会総合研究所代表取締役会長(当時)の畠山芳雄著【マネジメントの基本】選書 新版 こんな幹部は辞表を書け (「マネジメントの基本」選書)より、参考になると思われる内容を2回に分けて掲載させて頂きます。1.「目標」=「予測」+「ムリ」今までの外部の条件が今後も続き、従来どおりの努力を払っていた...

≫続きを読む

こんな幹部は辞表を書け②

日本能率協会総合研究所代表取締役会長(当時)の畠山芳雄著【マネジメントの基本】選書 新版 こんな幹部は辞表を書け (「マネジメントの基本」選書)より、2回目「できないとは」について紹介します。昔々、あるところに、一人の課長さんが棲んでいました、この課長さんは、一つの面白いクセをもっていました。それは...

≫続きを読む

ビリオネア養成講座

ナポレオン・ヒルが「成功哲学」をまとめる原点となったアンドリュー・カーネギーへ行った最初のインタビューを再現した書籍(CD付)である。ナポレオン・ヒルによる鉄鋼王として成功を遂げたアンドリュー・カーネギーに対するインタビュー形式の書籍となっている。ナポレオン・ヒル知的な質問に対して、アンドリュー・カ...

≫続きを読む