企業存続のためのイノベーション

企業存続のためのイノベーション

ドラッカーは、企業や組織が生延びるための必須条件は、
 「マーケティング」「イノベーション」であると述べている。

 

「マーケティング」については、前頁の「「顧客の創造」こそが本来のマーケティング!」を読んで頂ければ幸いです。

 

「イノベーション」といえば、日本では単に技術革新と捉える人が多いが、これはイノベーションのほんの一部にすぎない。

 

イノベーションとは、大きく

  • シュンペーターが唱える「異質なものの結合」
  • ドラッカーが唱える「体系的廃棄」

があり、どちらも重要な考え方です。

 

シュンペーターの唱える「イノベーション」は、(考え方、発想、技術、材料など)異質なもの同士が結合することで新しいものができるという考え方である。

 

対して、ドラッカーは、「イノベーション」の本質は「体系的廃棄」だと言っている。

 

簡単にいうと、従来のやり方を捨てる…これまで組織だってやってきたやり方、制度、仕組み、思考体系をガッサリと捨て去らなければならないということです。

 

従来のやり方を改善しながらやっていくと、いずれ立ち行かなくなる時が来る、体系的に廃棄しなければならない時が来る、と言っています。

 

重ねて言うと、これまで成功を重ねてきたやり方、成功の要因を捨てなければならない時が来るということでもあります。

 

自らの成功を自らの手で捨てなければならない。

 

これが苦しい!!

 

 

いま苦悩しているシャープがまさにその事例のように思えて仕方がない。

 

液晶のシャープ、亀山工場…シャープのこれまでの成功要因だった。

 

しかしずいぶん前から、電子機器や家電製品などは日本の製造装置や部品を輸入して使えばどこの国でも作れる。

 

これまで日本のお家芸であったこれらの製品はイノベーション、即ち「体系的廃棄」は待ったなしの状況である。

 

しかるに、いまだに捨てきれないメーカーが多く、大幅な赤字で苦しんでいる。

 

これほど、他社や他業界のことについて分かっているつもりのイノベーションであっても、自社のことになると分からない。

 

もし分かってもイノベーションに踏み切れない。

 

今まで収益源であった製品や組織を捨てられない。

 

 

まさに、成功が人を頑固にさせ、
この頑固さがイノベーションの最大の壁として立ちはだかるのである。
「【かわら版】成功が人を頑固にさせる」参照)

 

 

経営とは、昨日までなかった新しいものを作り出す仕事である。

 

その過程で、今まであったものを破壊し、新しいものを作り上げていくものである。

 

結果は実績で示され、何勝何敗という結果が出てくる。

 

経営者はその結果に対し責任を取る必要がある。

 

また、結果が悪ければ場合によっては倒産ということもあり得る。

 

従ってトップは、これまでのやり方を変えて行く、即ち今までのやり方を破壊して、新しいものを作っていく必要がある。

 

守るべきものは守り、捨てるべきものは捨てる。

 

この考え方が非常に大事ですね。

 

 

経営者にとって、イノベーションは、企業存続のためには大事だと認識していても、何をどのタイミングで実施すればよいかが判断できない。

 

必要だと思ってもリスクがあり、決断できないことも多い。

 

環境変化はもちろんのこと、成長による企業規模に応じてイノベーションしなければならない。

 

何をどのタイミングでイノベーションしなければならないかを教えてくれるのが、実は「マーケティング」である。

 

ドラッカーは、イノベーションの機会は7つあるといっている。

 

第一が、予期せぬことの生起である。予期せぬ成功、予期せぬ失敗、予期せぬ出来事である。
第二が、ギャップの存在である。現実にあるものと、かくあるべきものとのギャップである。
第三が、ニーズの存在である。
第四が、産業構造の変化である。国際環境を含む。
第五が、人口構造の変化である。少子高齢化など。
第六が、認識の変化である。物の見方、感じ方、考え方の変化である。
第七が、新しい知識の出現である。

 

これらを調査分析するのがマーケティングの仕事である。

 

このマーケティングで得た情報をもとに、経営者は、自社の製品、サービス、流通、仕組み、組織などのイノベーションを実施していかなければならない。

 

 

企業は、単に経済的な財やサービスを提供するだけでは十分ではない。

 

より優れたものを創造し供給しなければならない。

 

そして、企業そのものもより優れたものに成長しなければ生き残れない。

 

このため、イノベーションは企業や組織が生延びるため、マーケティングと共に必須条件となっている。

 

 

最後に、

 

廃棄とは、あらゆる種類の組織が自らの健康を維持するために行っていることである。

 

いかなる有機体といえども、老廃物を排泄しないものはない。

 

さもなければ自家中毒を起こす。

 

既存の物の廃棄は、企業がイノベーションを行う上で絶対に必要なことである。