常勝経営とは

経営コーナー

経営コーナーでは、
起業したばかりの経営から、成長し大企業に至る経営まで、経営はひとえにトップあるいはトップ陣の能力にかっている。経営に成功するための心構えやちょっとしたコツなどを紹介していきます。

経営コーナー記事一覧

【百戦百勝の経営を目指す】 常勝経営

常勝経営とは何か?「常勝」という考え方、すなわち、勝負において常に勝ち続ける考え方というのは、成功からも失敗からも教訓を得て大きな成功を勝ちとっていく「全天候型」の考え方のことです。この考え方は、個人に対して使われることが多いが、この「常勝」という考え方を組織や経営に活かし、「勝つべくして勝つ」経営...

≫続きを読む

社会や国家を繁栄に導く 企業の使命

企業の使命について民間企業の使命はズバリ、“社会や国家を繁栄に導くこと”だと思います。単に自分や家族そして従業員が食べていけて、多少は贅沢できれば良しとしている経営者は多いと思います。しかし、これではあまりにも志(こころざし)が低いと言わざるを得ません。起業するからには、(たとえ今は小さくとも)志を...

≫続きを読む

企業の発展・繁栄をもたらす 経営理念

企業の目的は、ズバリ「顧客の創造」です。そして、経営というのは、人を通じて、組織で事業を運営し、成果をあげることです。その組織に方向性を持たせ、成果をあげるためには“目標”なり“理念”なりが必要となります。起業当初は「自分が好きなことをして、自分や家族が食べていくことができ、従業員が楽しく生活できて...

≫続きを読む

企業の発展・繁栄をもたらす 経営理念(2)

経営理念を具体的に見ていきましょう。松下電器と言えば松下幸之助。松下幸之助は、経営理念は「正しい経営理念」であることが必要であり、この「正しい経営理念」は、「正しい人生観」に深く根ざし、この人生観は真理にかなったものでなければならないとした。従って、松下電器の経営理念は、正しい人生観、社会観、世界観...

≫続きを読む

「顧客の創造」こそが本来のマーケティング!

マーケティングとは?1900年代以降のアメリカ経済ではマーケティングの黎明期といってよく、当時のマーケティングは、生産者側が主役で「工場が生産したものを販売すること」だった。しかし、この生産者側主役から販売者側主役期を経て、今日では消費者側主役の「市場が必要とするものを生産すること」に変わってきた。...

≫続きを読む

企業存続のためのイノベーション

ドラッカーは、企業や組織が生延びるための必須条件は、 「マーケティング」と「イノベーション」であると述べている。「マーケティング」については、前頁の「「顧客の創造」こそが本来のマーケティング!」を読んで頂ければ幸いです。「イノベーション」といえば、日本では単に技術革新と捉える人が多いが、これはイノベ...

≫続きを読む